【国葬】いつ行われる?この日は仕事場・学校休みになるのか…

経済

安倍晋三さんの国葬の賛成・反対で話題になっています。

遂に、安倍晋三さんの国葬予定日が公開されました。

そんななか、「安倍晋三の国葬はいつ?」「その日は休みになる?」という声が多く存在。

そこで、安倍晋三さんの国葬がいつなのか?国葬当日に休みになるのか紹介していきます。

スポンサーリンク

安倍晋三の国葬はいつ?

安倍晋三さんの国葬は、2022年9月27日に予定されています。

国葬がされる場所は、「日本武道館」。

一般献花は午前10時、午後2時から開式という流れになっている。

戦後、総理大臣の国葬で「吉田茂元総理大臣」以降2人目となる。

当日の国葬で警備が厳重強化予定で、安倍晋三さんの件で警察も対策していくとのこと。

安倍晋三さんの不幸により、親族の悲しみに底がなかったと思います。

安倍晋三の国葬が反対されるのはなぜ!?国葬する意味がわからないという厳しい意見が・・・

国葬は日本歴代総理大臣でも数少なく、「名誉である。」と語る政治家も存在。

個人的には襲撃によって亡くなったので、名誉とよんでいいのか?と疑問に思います。

国葬の予定日が公開されても反対意見があり、当日が怖いところ。

国葬当日、何も事件がないことを願っています…

スポンサーリンク

安倍晋三の国葬当日は休みになる?

安倍晋三さんの国葬が予定日が決定し、当日日本全国から注目されるでしょう。

では、安倍晋三さんの国葬当日は仕事・学校は休みになるのでしょうか?

結論、安倍晋三さんの国葬当日で休みになることはない。

7月22日に、松野博一官房長官は国葬当日を全国休日にする予定はないと発表している。

「国葬儀は儀式として実施されるもので、国民一人一人に政治的評価や喪に服することを求めるものではない」

つまり、国葬の参加や想いは強制ではないとのこと。

そのため、全国民休日にするということができないということ。

安倍晋三さんの国葬当日は、通常日であることを覚えておいてください。

スポンサーリンク

国葬は一般人でも参列できる?

安倍晋三さんの国葬に参列したいと思う人は多いはず。

一般での参列はできるのか?という声が多くあった。

結論、一般の方が国葬が行われる会場に入ることができない…

ただ、会場外で献花や記帳台を設置するという噂があります。

一般の方が参列できないのは、「コロナウイルスまん延防止」と考察しています。

コロナウイルスの影響は残り、クラスターになる引き金となる可能性が高い。

国葬でコロナウイルスが蔓延したとなると、元も子もない…。

国葬の状況はメディアで放送されると思うので、テレビ越しでしか確認することができないのが現状です。

スポンサーリンク

まとめ

安倍晋三さんの国葬は、2022年9月27日予定。

国葬当日、休みになることはない。

一般の方は参列ができない状態で、コロナウイルスまん延防止だと考えている。

国葬当日、何があるかわからない状態。

問題なく行われればいいですが、少し不安が残ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました