【悲惨】名古屋刑務所の職員が受刑者に暴行。地獄・厳しいで有名ー

スポンサーリンク
エンタメ

2022年12月9日、名古屋刑務所の職員が受刑者に暴行したということで注目されています。

元々名古屋刑務所は、「地獄」「厳しい」という噂があり、今回の事件で実態が明らかになりました。

今回は、名古屋刑務所の暴行事件について紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

名古屋刑務所:暴行事件詳細

名古屋刑務所で、職員が受刑者に対して暴行したと報道されました。

暴行していた職員は、なんと22人であり受刑者3名に暴行を繰り返していたことが判明。

暴行を受けた3名のうち、1人がケガをするという事態になりました。

複数の刑務官が受刑者をリンチし、ケガを負わせたということでネットでも話題になっています。

いくら犯罪を犯した人とはいえ、暴力を振るうのは問題という意見が多くありました。

名古屋刑務所は、2002年に受刑者を死傷させたことで問題となった過去があります。

暴行が今にも続いているということは、定期的に暴力を振るっていたことになる。

更生するための刑務所であり、受刑者にも人権があるため酷い事件であります。

スポンサーリンク

名古屋刑務所の暴力は誰がリーク?

名古屋刑務所は、閉鎖されている空間なので暴力が明るみになる可能性は低い!

しかし、今回は報道されるほどの事件となり注目されている。

名古屋刑務所の暴力が明るみになった理由としてー

  • 職員の内部告発
  • 元受刑者による告発

この2点と考察しています。

可能性が高いのは、元受刑者による告発でしょう。

名古屋刑務所は、「地獄」「厳しい」ということで有名。

この情報も、元受刑者の情報であり「机を蹴飛ばされる」という証言もありました。

内部告発も考えましたが、長年の暴力・複数の刑務官が職質されていることから可能性は低い。

スポンサーリンク

名古屋刑務所事件についてネットの声

名古屋刑務所の暴行事件により、ネットで注目されています。

冒頭に紹介した、「受刑者だからといって暴力は良くない」という意見の逆に。

称賛する声も多くありました。

コメントを見てる限り、結構ヤバいですよね。

暴力を煽る声が多く、無関心ということがわかります。

刑務官はストレスが激しいということで有名であり、限界を達して受刑者に当たった可能性が高い。

前科のある刑務所なので、この事件を機に対策しなくてはいけません!

刑務所のストレスケアや、刑務官・受刑者の接触に対する新しい方法がないと、改善することはできないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

名古屋刑務所の暴行事件について紹介しました。

22人の刑務官がか変わっており、被害に遭った受刑者は3人。

ネットでも、いけないという意見もあれば暴力を煽る意見もー。

厳しい職場であることは認識していますが、受刑者だからという理由で暴力を肯定するのはよくない。

早急に対処・厳しい罰がないと刑務所内は引き続き地獄化は続くことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました